お知らせ+活動記録+たわごと

HP と Twitter を補完するとともに、互いの密接な連携を図るため、本ブログを開設した。三位一体を目指す。情報提供、広報活動、教育・啓蒙活動の一環として、肩の力を抜き、冗長性を廃し、簡にして要を得た文章を書くよう心がける。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
本ブログのアクセス回数ランキング
JUGEM が6月末までの期間限定でアクセスログ・プラスを無料開放している。ちょうどこの記事が本ブログにおける100回目の投稿にあたるため、これまでの全エントリーへのアクセス回数(過去三ヶ月間)をチェックしてみた。1〜5位は次の通り:
1. ムラ社会の掟
2. RIETAN-2000と RIETAN-FP
3. 多相リートベルト解析用入力ファイルの作成
4. 人工超格子薄膜中の層の選択的酸化
5. 数値目標を掲げたゲームの世界
久しぶりに No. 1と No. 2を読み返してみたが、身も蓋もない辛辣な文言が目に付く。しかし「不都合な真実」をオブラートに包んだら、隔靴掻痒の感は否めなかっただろう。いずれの記事も達者な筆力とエンターテインメント性を兼ね備えていて、我ながら芸達者だと思った。

No. 3は多相試料を扱う RIETAN-FP ユーザーにとって貴重な情報となるに違いない。No. 4のアクセス数が多い理由は不明。No. 5は私が数値データにこだわるのは遊び心からという、どこまで本気なのかが判然としない記事なので、軽く読み流してほしい。
Twitter の利用状況
「粉末回折情報館」の掲示板を突如閉鎖し、Twitter を立ち上げてから一年余りが立ちましたが、最近、フォロワーが300人を越えました。総ツイート数は 3,323件、一日の平均ツイート数は8.6件、フォロー増加ペースは0.4人/日、フォロワー増加ペースは0.6人/日です。今日では、スパム以外のメールの大半は差出人が Twitter となっています(汗)。フォロー数は220程度ですが,それでもタイムラインの流れが速すぎて読み切れません。

本 Blog の投稿数は76に留まっており、まだデータ量が不足しています。なお、実名主義が災いし、日本では人気が今一の Facebook にまで手を出す気はありません。ホームページ、Twitter、Blog のサイトを運営し、なおかつ自作ソフトをネット公開しているのですから、情弱の誹りを受けることはないでしょう。
激安レンタルサーバーの落とし穴
MobileMe のサービス停止を6月末に控え、昨年10月に私の Web サイト、粉末回折情報館を iDisk からロリポップのレンタルサーバーに移した。その時の体験を語ろう。

ロリポップでは、もっとも安価なコロリポプランでも2 GB ものディスク容量が提供される。総ファイル容量が360 MB 程度に過ぎない粉末回折情報館なら楽々と運用できそうに思えた。

ブログつきで105円/月という凄まじい価格破壊ぶりには、これでよく利益が出るなと首を傾げざるを得なかったが、やはり陥穽が仕掛けられていた。1 GB/d を超えるデータ転送が禁止されているのだ。要するに、ディスク容量よりはトラフィックの方が設備投資のコストを上昇させるのだろう。粉末回折情報館では自作ソフトを無償で公開しているため、配布ファイルの公開直後には1 GB/d の制限は軽く越えてしまう。

しかし105円/月という低料金は魅力的だ。そこで一計を案じ、我が家が契約している CATV インターネット接続サービス ACCSnet で利用可能な Web サーバー(容量50 MB)に配付ファイル四つ、すなわち
  • documents.zip
  • Windows_versions.zip
  • Intel_Mac_versions.dmg
  • DV-Xa.zip
を置くことにした。太っ腹なことに、この下請け Web サイトは無制限の転送量を許しているのだ。しかも利用者が少ないと見えて、ファイルのダウンロード速度は申し分ない。

またマニュアル類を収めたアーカイブファイル documents.zip を少しでも圧縮するため、Adobe Acrobat Pro で全 PDF ファイルのサイズを縮小したところ、documents.zip のサイズは19.3 MB にまで減った。その結果、配付ファイルのサイズは計40 MB 弱に収まった。

こういう涙ぐましい工夫をこらすことにより粉末回折情報館の引っ越しは無事完了した。その後、ほとんどトラブルもなく、順調に稼働している。

なお、ロリポップでは転送量の上限を故意にわかりにくくしている。「よくある質問」で「転送量」を検索すると、三つのプランにおける転送量の上限が表示される。コロリポプランが 1 GB、ロリポプランが 5 GB、チカッパプランが 10 GB である。コロリポプランでは、すぐ上限に達しかねない。ロリポップに限らず、激安レンタルサーバーの契約前には転送量の制限を必ず調べるべきだ。
ようやく200に達したフォロワー数
いつの間にかツイッターにおけるフォロワーの数が200に到達していた。4月4日にツイッターを始めて以来、フォロワー数は徐々に増えてきたが、最近ツイートの頻度を大幅に減らしたので、そろそろ頭打ちになりそうな気がする。

一方、フォロー数は142で、ややバランスが悪い。しかし、TL の流れの速さを考えると、150くらいで十分だと感じる。
セキュリティー対策のマイナス面
Mac Pro(Mac OS X 10.7)にインストールしたインターネットセキュリティバリア X6が色々悪さをしているような気がしてならない。大なり小なりシステムに負荷を掛けているし、原因不明のトラブルを引き起こしている可能性もある。広く普及しているフリーソフトウェアを提供している以上、安全第一というスタンスは固持したいが、副作用は真っ平御免だ。

環境設定 > 詳細設定 で [保護] を OFF に変更すると、再起動するまでは Virus Barrier が無効になる。何か問題が生じたら、OFF にしてみることにしよう。
Web インフラ改造・増設工事を完了
粉末回折情報館」の引っ越し、自作ソフト配付専用 Web サイト www1.accsnet.ne.jp/~izumi/ の整備、本ブログの新設、新世代研究基盤サービス ReaD&Researchmap のデータ添削、ツイッター Izumi_Fujio とブログ形式ツイート閲覧サービス Twilog の調整、それらの相互リンク・連携に関する突貫工事がようやく終わった。本ブログで新たな記事を公開すると、そのタイトルがハッシュタグ(#jugem_blog)付きでツイッターに送られ、後にそのツイートは Twilog にも収録される。最新のツイート数件は粉末回折情報館のツイッター・ウィジェットに常時表示される。このような仕組みの構築は大変ではあったが、結構楽しかった。

今のところロリポップの通信速度と安定性は申し分ない。適切な選択だったと思う。

homepage.mac.com からロリポップへ移転する過程で、レンタルサーバーの劇的な価格破壊に度肝を抜かれた。価格の割に不満が残る MobileMe を渋々使ってきた身にとって、コロリポプランの105円/月という料金は一桁違うんじゃないかというくらい安い。一体、これでビジネスが成立するのかと心配になってしまうほどだ。
所詮、Twitter は簡易ブログに過ぎない
Twitter を7ヶ月余り利用し続けたのだが、つくづく自分に適していない Web サービスだと感じた。タグなし、140文字という制限がきつすぎる。おまけに愚にも付かないアホバカ・ツイートが大半で、そんな下らないものに目を通す時間が惜しい。TL の流れが速く、目も疲れる。Twitter サーバーが非力で、ときどきサービスが滞ったり、停止したりするのには呆れ果てた。

そこで、ついに当ブログに乗り換えた。HTML で記述できるため表現力が豊かで、字数に気を配る必要もない。狭苦しい牢獄から娑婆に出てきたような心地である。

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.