お知らせ+活動記録+たわごと

HP と Twitter を補完するとともに、互いの密接な連携を図るため、本ブログを開設した。三位一体を目指す。情報提供、広報活動、教育・啓蒙活動の一環として、肩の力を抜き、冗長性を廃し、簡にして要を得た文章を書くよう心がける。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
その後の MPF_multi.command
結局8月15日の時点に立ち戻り、Win-bash 中の bash v1.14.2の利用を前提としてスクリプトを書き直す羽目に陥った。Gow 0.5.0に含まれている bash.exe が想定外に不安定で、完成度が低いことが判明したためだ。コマンドの実行結果(文字列)の末尾に CR/LF がぶら下がり、for i in `seq 1 10` というループ制御文が正常に機能しないのでは、話にならない。とくに余計な CR/LF が付くのは、一々 tr で改行コードを切り捨てる必要が生じるため、致命傷だ。どうも64ビット版 Windows との相性が悪いらしい(「Windows で Bash を使う」参照)。また、C:¥tmp というフォルダを作らないとダメ出しされる。これらの欠点に嫌気が指し、Gow の bash.exe に見切りをつけることにした。Win-bash の bash.exe は十分枯れており、MPF_multi.command の実行時にトラブルを引き起こすようなことは一切ない。

このような迷走は Gow 0.5.0の bash.exe のバージョン番号に幻惑されたことに起因している。機能増強に伴うソフトの不安定化は珍しくないのに。安定性と高機能を兼ね備えた新版の同梱を切望する。

もっとも、改訂の過程で実数の大小関係を bc (basic calculaor) で調べるという技を新たに導入した結果、スクリプトが大分すっきりしたのは収穫だった。さらに、リートベルト・MEM 解析が収束したかどうかをチェックするフェールセーフ用コードも追加した。また bash.exe と onigsed.exe 以外の UNIX 系コマンドはすべて GnuWin から調達することにした(元の木阿弥)。
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.fujioizumi.verse.jp/trackback/123
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.