お知らせ+活動記録+たわごと

HP と Twitter を補完するとともに、互いの密接な連携を図るため、本ブログを開設した。三位一体を目指す。情報提供、広報活動、教育・啓蒙活動の一環として、肩の力を抜き、冗長性を廃し、簡にして要を得た文章を書くよう心がける。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
高齢 MacBook Pro を使い倒すための措置
MacBook Pro (Late 2008) のバッテリーを交換した。バッテリーを2回も入れ換えたノート型 PC は、これが初めてだ。2.8 GHz Intel Core 2 Duo, 4 GB 1067 MHz DDR3という4年前のハイエンド機だが、今時デュアルコア CPU では時代遅れ。2.7 GHz Intel Core i7 と16 GB 1600 MHz DDR3に加え、512 GB の SSD まで装着した MacBook Pro Retina ディスプレイモデルを入手した今、動作が緩慢な旧機種はもうお払い箱にしても差し支えあるまい。

この老朽化した PC をもうしばらく使おうとしているのは、 それに強い愛着を抱いており、粗略に扱いたくはないからだ。東日本大震災後の混乱の中、以前にも増して RIETAN-FP の機能増強とブラッシュアップに励んだというエピソードは「RIETAN-2000と RIETAN-FP」(2012年1月30日)という記事に記した。当時、余震や放射性物質の拡散に脅かされつつ、ハイブリッド・パターン分解、lst2cif の全面的刷新版、ファイル変換ユーティリティー B2BETA、異方的ひずみによるプロファイル拡がりの補正などのプログラミングのために、この MacBook Pro を徹底活用した。

千年に一度あるかないかの大災厄に屈するどころか、逆に闘志を燃やし、老骨に鞭打って孤軍奮闘した自分を誇りに思う。だからこそ、当時頻用した商売道具を放置したり、捨てたりする訳にはいかないのだ。丁寧に扱ってきたため、遠目には新品同様に見える。最近購入した Wi-Fi ルーターと PC との接続も、真っ先に古い方の MacBook Pro で確認した。電波干渉が無きに等しい5 GHz 周波数帯を利用する無線通信は安定そのものと言ってよい。枯れた OS (Snow Leopard) のまま、もう一二年、現役で活躍してもらいたいと願っている。
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.fujioizumi.verse.jp/trackback/139
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.