お知らせ+活動記録+たわごと

HP と Twitter を補完するとともに、互いの密接な連携を図るため、本ブログを開設した。三位一体を目指す。情報提供、広報活動、教育・啓蒙活動の一環として、肩の力を抜き、冗長性を廃し、簡にして要を得た文章を書くよう心がける。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
MPF 解析における最大エントロピー法プログラム Dysnomia のパフォーマンス
K. Momma, T. Ikeda, A. A. Belik, and F. Izumi, "Dysnomia, a computer program for maximum-entropy method (MEM) analysis and its performance in the MEM-based pattern fitting," Powder Diffr., 28, 184-193 (2013).
DOI: 10.1017/S088571561300002X

Dysnomia は PRIMA の後継となる最大エントロピー法プログラムである(「Dysnomia 正式版の公開」参照)。タイプの異なる三つの化合物(タウリン、Cu2CO3(OH)2、Sr9In(PO4)7)の粉末X線回折データを Dysnomia を用いて MPF(MEM-based pattern fitting)法により解析し、その有効性を検証した。自動 MPF 解析には RIETAN-FP・VENUS システム配布ファイルに同梱している bash スクリプト MPF_multi.command を用いた。VESTA で作成した図を多数含むのは言うまでもない。MPF 解析の指針も提示されており、今後 Dysnomia を使い込んでいこうという人にとっては必読論文だ。

なお「粉末X線回折の実際」講習会(2013年7月8〜10日)の会告では、Cコースの参加者にこれらの解析結果(RIRTAN-FP, Dysnomia, MPF_multi.command の入出力ファイル一式)と Dysnomia の最新版(講習会までにリリースする予定)を解凍する際のパスワードを差し上げると約束した。本論文と三組の解析結果を通じ、MPF 解析について多くを学んでいただけると確信している。
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.fujioizumi.verse.jp/trackback/194
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.