お知らせ+活動記録+たわごと

HP と Twitter を補完するとともに、互いの密接な連携を図るため、本ブログを開設した。三位一体を目指す。情報提供、広報活動、教育・啓蒙活動の一環として、肩の力を抜き、冗長性を廃し、簡にして要を得た文章を書くよう心がける。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
RIETAN-FP への gnuplot の導入
RIETAN-FP v2.3 以降では gnuplot でグラフを作成できる。たとえば gnuplot 5.0.3 の OS X バージョンの場合、次の手続きを通じてビルドする。
  1. Gnuplot の本家から gnuplot-5.0.3.tar.gz をダウンロードし、解凍する。
  2. gnuplot-5.0.3 というディレクトリーが生成する。
  3. 「ターミナル」を起動し、gnuplot-5.0.3 ディレクトリーに降りる。
  4. 旧バージョンをインストール済みの場合はアンインストールする: sudo make uninstall⤵
  5. ./configure⤵
  6. make⤵
  7. sudo make install⤵
  8. /usr/local/bin ディレクトリーに 実行形式プログラム gnuplot が生成する。
将来 gnuplot がバージョンアップしたならば、上記の手続きにおいてバージョン番号 "5.0.3" を新たな番号(たとえば "5.0.4")に変えればよい。上記の作業には Xcode が必要となる。Mac ユーザーで Xcode をインストール済みの方は少数派だろうから、もう一つの選択肢、すなわち OS X 用パッケージマネージャー Homebrew によるインストールを推奨したい。Homebrew のインストールは簡単だ。そのホームページに記載されている通り、ターミナルで
ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
をコピー&ペーストして実行すればよい。引き続き
brew install gnuplot
というコマンドを入力すれば、gnuplot パッケージがインストールされ、/usr/local/bin フォルダに実行形式プログラム gnuplot のエイリアスが生成する。

/usr/local/bin フォルダにエイリアスが生成しない場合は、ターミナルで
ln -s /usr/local/Cellar/gnuplot/5.0.3/bin/gnuplot /usr/local/bin/gnuplot
と入力してシンボリックリンクを作成すればよい。ただしバージョン番号 "5.0.3" は最新のバージョン番号に変えなければならない。

OS X に付属する sed は、gnuplot が出力する PostScript ファイル中の文字列を置換する際、x 軸のラベル「2θ/°」を入力するや否やコケてしまうため、robust な gsed に差し替えることにした。OS X の sed の評判が芳しくないのは知っていたが、これほど役立たずだとは思わなかった。一方、GnuWin の sed 4.2.1はしっかり役目を果たしてくれる。

OS X 用配付ファイルに同梱されている gsed は64ビットコードである。32ビット CPU の Mac を科学技術計算に利用している人は今や少数派であり、今後ますます減っていくのは確実なので、64ビット版だけ配付すれば十分だろう。どうしても32ビット機で gnuplot を使いたいという方は、Homebrew により gnu-sed パッケージを自前インストールし、/Applications/RIETAN_VENUS/commands_common ディレクトリーに実行形式ファイルをコピーすればよい。ただし、Xcode がインストール済みの場合に限る。

Windows 用配付ファイルには gnuplotGhostscript とともに同梱する。RIETAN-FP との組み合わせでは安定に動作している。Ghostscript は gnuplot が出力する PostScript ファイルを PDF ファイルに変換するのに必要となる。なお、OS X には類似のコマンド pstopdf が標準で付属している。パイプが使えるという点で pstopdf の方が優れている。

Windows の場合、install-tl-windows.exe をダウンロード・実行することにより TeX Live を C:¥texlive フォルダにインストールする。C:¥texlive¥年号¥bin¥win32(年号の例: 2013)が自動的にパス指定される。コマンドプロンプト窓で tlmgr-gui と入力すれば、GUI を通じて最新ファイルへ更新できる。OS X 用 TeX Live のインストーラについては MacTeX 以外の選択肢は無きに等しい(「Mac 用TeX による英文・和文のタイプセット」参照)。

OS X と Windows のいずれにおいても、gnuplot によるグラフ作成は RIETAN-FP・VENUS 統合支援環境から実行する。OS X では [Graph] のショートカットを押し、Windows では [Plot] ボタンをクリックするだけで直ちにグラフィックデータを記録した PDF ファイルが表示される。

RIETAN-FP 2.3へのバージョンアップは、大学で教授職を拝命している教育者としての活動だということを付言しておく。学生との歓談の間に着想したアイデアを実現したからである。リートベルト解析パターンはリートベルト解析を研究手段の一つとして用いた論文中の図としてしばしば使われるので、その出来映えは非常に重要である。Gnuplot はフリーソフトウェアであるだけでなく、スクリプトファイル *.plt に少々手を加えると見かけ(たとえば線やシンボルの色と縦方向の位置)を自分好みに最適化できるという利点を持つ。今回は、すべての学生が高品質のグラフを手軽にプロットできるようにすることを目指すとともに、シェル芸人としての腕を磨くために奮闘した。フリーソフトウェアの徹底活用により効率的かつ高度な機能を実装できることを認識してもらえるに違いない。RIETAN-FP を利用したリートベルト解析の実習にも役立つはずだ。

未だに RIETAN-2000 を惰性で使っておられるユーザーが多いが、今回のバージョンアップは RIETAN-2000 にとどめを刺すのではなかろうか。この際、ぜひ乗り換えていただきたい。

シェル芸能活動は、これで打ち止めではない。来年は、超有名フリーソフトウェアを活用した魅力的な新作ユーティリティーを製作する。そのデモンストレーションは訴求効果が高く、鮮烈な印象を与えるだろう。教育用コンテンツとしても役立つと期待している。
コメント
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.