お知らせ+活動記録+たわごと

HP と Twitter を補完するとともに、互いの密接な連携を図るため、本ブログを開設した。三位一体を目指す。情報提供、広報活動、教育・啓蒙活動の一環として、肩の力を抜き、冗長性を廃し、簡にして要を得た文章を書くよう心がける。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
Jedit X Standard/Plus 上で RIETAN-FP・VENUS 統合支援環境を使うためのノウハウ
OS X 用の RIETAN-FP・VENUS 統合支援環境Jedit X(オリジナル版)の使用を前提に構築した。したがって、同支援環境は Mac App Store で販売している Jedit X StandardJedit X Plus との互換性を欠いている(注)。オリジナル版の追加購入を避けるには、RIETAN-FP・VENUS システムのインストール終了後に次の手続きを踏めばよい。
  1. 仮想ディスク中の RIETAN_VENUS/scripts_Jedit フォルダ中の設定ファイル ContextMenu.plist と MacroMenu.plist を ~/Library/Application Support/Jedit X Standard フォルダ、あるいは ~/Library/Application Support/Jedit X Plus フォルダにコピーする。
  2. 仮想ディスク中の RIETAN_VENUS/scripts_Jedit/*.scpt(拡張子が scpt の AppleScript ファイル)を ~/Library/Application Support/Jedit X Standard/scripts フォルダ、あるいは ~/Library/Application Support/Jedit X Plus/scripts フォルダにコピーする。
  3. RIETAN_VENUS/commands_common/*.command 中の文字列 "Jedit X" を "Jedit X Standard"、あるいは "Jedit X Plus"に変える。
要するに、アプリケーション名 "Jedit X" をすべて "Jedit X Standard"、あるいは "Jedit X Plus" に変えるに等しい。中身は実質的に同じなのだから、Artman21はアプリケーション名を変えないでほしかった。

(注) Jedit X Rev.2.42以降から、MacApp Store 版 Jedit X Plus あるいは Jedit Standard の利用者であればオリジナル版 Jedit X Rev.2 をライセンス登録なしに利用できるようになった。
コメント
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.