お知らせ+活動記録+たわごと

HP と Twitter を補完するとともに、互いの密接な連携を図るため、本ブログを開設した。三位一体を目指す。情報提供、広報活動、教育・啓蒙活動の一環として、肩の力を抜き、冗長性を廃し、簡にして要を得た文章を書くよう心がける。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
RIETAN-FP・VENUS システムと外部プログラムの講習会
8月に名工大付属図書館で催したシンクロトロン光利用者研究会(第3回 XRD グループ)での実習が好評だったことに意を強くし、ほぼ同様の実習を含む講習会を関西圏の大学でも出前開催したくなりました。そこで、拙作ソフトのユーザーに相談し、協力をお願いしておりましたが、このほどプログラム、日時、場所が確定しました:

RIETAN-FP・VENUS システムと外部プログラムによる粉末構造解析
日時: 2015年10月27・28日
場所: 龍谷大学 瀬田キャンパス 3号館
参加費: 無料

初日は座学だけですが、二日目は Windows 用 RIETAN-FP・VENUS 統合支援環境秀丸エディタ用マクロの集合体)上で WinPLOTR, DICVOL, RIETAN-FP, cif2ins, ALBA, Superflip, EDMA, Dysnomia, gnuplot, Ghostscript, VESTA などによる実測強度データの処理(ピークサーチ、指数づけと格子定数の精密化、バックグラウンドの見積もり)、リートベルト解析、hoge.cif → hoge.ins 変換、ハイブリッド・パターン分解、最大エントロピー・パターソン解析、チャージフリッピング、電子密度ピークへの原子の割り付け、MEM 解析、解析結果のグラフ化、結晶構造と電子密度の三次元可視化というコンテンツ過多気味の実習を行います。RIETAN-FP は近日中に公開予定の v2.7 を使用します。

これほど多くのプログラムを次から次へと実行していくとなると、何も後に残らないのではないかと危惧する向きが多いでしょう。心配無用です。詳細を好評するのは避けますが、後で各自復習できるよう意表を突いた工夫を凝らしてあります。さらに、無味乾燥な内容とならぬよう適度なエンターテインメント性も導入します。時間が余ったら科学英語論文執筆について一席ぶちます

A〜Z ドライブに対応可能なインストーラーによる上記ソフトウェアのインストールから始める予定です。名工大では秀丸エディタを Z ドライブにしかインストールできなかったので、インストーラーの製作に四苦八苦しましたが、龍谷大の教育用端末の場合、秀丸エディタが C ドライブにインストール済みのため、楽なものです。秀丸エディタは大学の PC にインストールして教育目的で使う場合、無償となります。この太っ腹な制度を活用しない手はありません。

実習用インストーラーばかりでなく、プレゼンテーションに使う PDF ファイルと科学英語論文執筆に関する文書まで配付するという型破りな講習会です。後者には、かつて中性子回折に関する数多くの論文を添削しまくった経験が活かされています。製本していない紙の束を手渡してゴミ箱に直行させるのは気が進みませんので、あえて全ファイルの提供(再配布禁止)にまで踏み込みます。印刷経費がかからないのも好ましいです。

本講習会は名工大をスポンサーとする社会教育活動の一環として開催します。拙作ソフトウェアの教育と普及にご賛同いただいた名工大と会場を提供していただく龍谷大に感謝します。
コメント
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.