お知らせ+活動記録+たわごと

HP と Twitter を補完するとともに、互いの密接な連携を図るため、本ブログを開設した。三位一体を目指す。情報提供、広報活動、教育・啓蒙活動の一環として、肩の力を抜き、冗長性を廃し、簡にして要を得た文章を書くよう心がける。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
Jedit Ω 用マクロが実行できないときの対症療法
Mojave がリリースされたころから RIETAN-FP・VENUS統合支援環境の基盤となっているの Jedit Ω 用マクロ(AppleScript)が異常終了する事態が増えてきた。年々セキュリティーのチェックが厳しくなっており、Jedit Ω のようなアプリケーションからの AppleScript、ひいてはシェルスクリプトの実行を強制的に停止する状態になってしまったのだろう。

万一そういうトラブルに遭遇したならば、次の Web ページを書かれている手続きに従い、ダウンロードした全アプリケーションの実行を許可してみることを奨める。
  https://pc-karuma.net/macos-sierra-allow-apps-from-anywhere/
  https://tatomac.net/archives/22298

要するに、ターミナルで
  sudo spctl --master-disable
と入力し、パスワードを入力するだけだ。

すべてのアプリケーションを許可すると、Jedit Ω からマクロを正常に実行できるようになる可能性がある。さらに「セキュリティとプライバシー > プライバシー」で Jedit Ω に対し「コンピュータの制御を許可」しておくといいだろう。
コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.