お知らせ+活動記録+たわごと

HP と Twitter を補完するとともに、互いの密接な連携を図るため、本ブログを開設した。三位一体を目指す。情報提供、広報活動、教育・啓蒙活動の一環として、肩の力を抜き、冗長性を廃し、簡にして要を得た文章を書くよう心がける。
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「RIETAN-FP・VENUS システム配布ファイル」の新装開店
本 Web サイトで配付している拙作ソフトの更新を長く怠ってきましたが、本日、三つのアーカイブファイルをアップロードするとともに「RIETAN-FP・VENUS システム配布ファイル」のページを全面的に刷新しました。Windows 版が3年ぶり、macOS 版に至っては実に4年ぶりに更新したことになります。コロナ禍の中、ここには書けない理由からアーカイブファイルの更新に向けて奮闘しました。

RIETAN-FP は v3.03 にバージョンアップしました。二面角に抑制条件を付加すると、まれに発生する不具合を解決しました。残差二乗和が減少しなかったときに、それまでに到達した最小の残差二乗和を与える解に戻らないことがあるという長年未解決だった不具合が解消しました。また、リートベルト解析途上の結晶データを含む VESTA 形式ファイルの逐次生成と結晶模型の自動表示が可能となりました。

過去13回、催してきた無料講習会「RIETAN-FP・VENUS システムと外部プログラムによる粉末構造解析」に参加したことがない方は有用なユーティリティーがいくつか増えていることに気づくでしょう。とくに逐次リートベルト解析用シェルスクリプト sda.command は汎用性が高い自信作です。プリプロセッサー Tink の文法に則って記述された入力ファイル hoge.ins には、シェルスクリプトで文字列を置換しやすいという特徴があります。可動イオンの拡散経路の可視化ユーティリティー PyAbstantia を RIETAN マクロから手軽に実行できる仕組みも導入しました。

RIETAN-FP・VENUS システムに関係する文献は賞味期限切れしたものを除き、すべて「5. 参考文献」として別ページにリストアップしました。ただし高温超伝導体関連の文献は夥しい数に上るため、拙作ソフトのユーザーにとってはない方がましと判断しました。

上記無料講習会用コンテンツをインストール済みの場合、それをアンインストールする必要はありません。今回配付するアンインストーラーで RIETAN-FP・VENUS システムだけをアンインストールしてからインストールするようお願いします。

ドキュメンテーションにあたっては、何十年もかけて培ってきた LaTeX のスキルが威力を発揮しました。Microsoft Word で長い文書をいくつも書き上げるのは、到底無理でした。documents フォルダーを眺めると、無料講習会用チュートリアル
  • Win_exercise.pdf: Windows 用 RIETAN-FP・VENUS システムと 外部プログラムによる粉末構造解析(無料講習会用チュートリアル)
  • Mac_exercise.pdf: macOS 用 RIETAN-FP・VENUS システムと 外部プログラムによる粉末構造解析(無料講習会用チュートリアル)
  • RIETAN_VESTA_cooperation.pdf: RIETAN-FP と VESTA の連携による三次元可視化 とファイル変換(VESTA 講習会用チュートリアル)
が追加されたことが目に付くでしょう。いずれも実習用コンテンツを自習できるよう全手順を記した結果、肥大成長しました。

RIETAN_VESTA_cooperation.pdf の序言には私が 3D 可視化ソフトの開発に取り組んだきっかけが記されています。以前からある6つのマニュアル

  • Readme_Win.pdf: Windows 用 RIETAN-FP・VENUS 利用の手引
  • Readme_macros.pdf: Windows 用 RIETAN-FP・VENUS 統合支援環境の手引
  • MPF_multi_Win.pdf: Windows 用 MPF_multi.command のマニュアル
  • Readme_Mac.pdf: macOS 用 RIETAN-FP・VENUS 利用の手引
  • Readme_scpt.pdf: macOS 用 RIETAN-FP・VENUS 統合支援環境の手引
  • MPF_multi_Mac.pdf: macOS 用 MPF_multi.command のマニュアル
は全面的に改訂した結果、計98ページに肥大成長しました。Readme_Mac.pdf は英語から日本語に書き直しました。マニュアルやチュートリアルでは随所で Evernote の公開ノートやブログエントリーにリンクを張っており、PDF ファイルの肥大化を防ぐとともに見通しを良くしています。Readme_Win.pdf と Readme_Mac.pdf にはサードパーティー製ソフトを RIETAN-FP・VENUS システムと連携させるためのインストール法を詳述しました。

リートベルト法の考案から半世紀を経て、今や通常のリートベルト解析は単なるルーチンワークに過ぎなくなってしまいました。新たなソフトを開発したり既成ソフトに新機能を追加したりしたところで、大した手柄にならないという厳しい現実に直面する羽目に陥ります。一方、高価な商用ライブラリーなしに厳密解を導き出せる MEM 解析プログラムと結晶学的研究に適した高機能 3D グラフィック・プログラムの開発は参入障壁がきわめて高く、DysnomiaVESTA の牙城を崩すのは至難の業といって過言でありません。VENUS システムのメンバーである Alchemy というコンバーターを使えば、国内外のパルス中性子源に設置されたマルチバンク回折装置で測定した TOF 粉末中性子回折データのリートベルト解析結果から Dysnomia—VESTA の組み合わせにより散乱長密度分布を 3D視覚化できます(文献33, 48, 51参照)。VESTA が世界的普及を果たした日本で唯一の結晶学的ソフトウェアであることは、「NIMS 発の論文で被引用数トップの地位を確立!」に記した厳密な数値データから明らかです。我が国以外では見向きもされないローカルなソフトだったら、NIMS No. 1の被引用数は到底達成できません。

RIETAN-FP, Dysnomia, VESTA は多くのユーザーによって使い込まれた結果、十分枯れています。しかし、開発の手を休める気は毛頭ありません。現在、外部プログラムとのアプリケーション間通信を通じて VESTA をコントロールする野心的な新機能を追加している最中です。当該機能は VESTA 3.5.5 でも使えますが、当該機能は VESTA 3.5.5 でも使えますが、まだ建設途上です。完成の暁には VESTA の主要機能を Fortran プログラムや bash・python スクリプトなどが活用できるよう拡張され、イメージをリアルタイムで変化させることはもとより、ファイルフォーマットの変換エンジンとしても役立ちます。このたび統合支援環境に追加した python マクロはそのための布石に他なりません。模倣者にとって難易度が高い MEM・MPF 解析と三次元可視化に軸足を移した RIETAN-FP・VENUS システムは今後一層利用価値が高まり、輝きを増していくと確信しています。

CIF 関係のユーティリティーの充実ぶりには目を瞠るものがあります。lst2cif で解析結果を CIF に変換し、cif2pdf により図表入りの英文報告書に変換した後、それを E2J で「和訳」できます。RIETAN-FP・VENUS システム外ではありますが、CIF コンバーター cifconv.command は CIF を 多相リートベルト解析用入力ファイル、固溶・部分占有サイトを含む不定比化合物をモデル化した誘導構造の CIF、VASP や Quantum ESPRESSO 用の入力ファイルに変換可能です。

上述のように学術的意義が高い最新の RIETAN-FP・VENUS システムを無償で公開したことを誇りに思います。「無料」は経済格差の是正に資する最重要機能であり、商用ソフトをはびこらせてはならないというのが私の信念です。本システムが年々拡大しつつある経済的不平等を埋め、諸分野の研究・開発に貢献することを願ってやみません。
コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.